ビジネスマナーを研修に取り入れて会社経営を向上させよう

男性

専門会社に任せる

大勢の人

大きな流れを教えよう

企業では、次年度から採用される内定者に会社の仕事を教えるため、内定者研修を行うことがあります。大手企業ほど、この点はきちんと対応しているものです。というのも、入社前に仕事の流れを教えておかないと、すぐに即戦力として活躍してもらえないからです。会社もそれほど暇ではないので、採用されたらすぐにでも即戦力となるような人材を育てたいと思うものなのです。そこで内定者研修をするわけですが、これはたいてい入社前の3月に行われます。学生なら春休み期間中なので、当然、時間は取れるはずです。また、内定者研修は通常、社員が行います。役職のある人など、きちんと会社の仕組みを教えられるような立場の人ではないと務まりません。ところが、最近はそんな時間も取れない企業が増えてきており、内定者研修を業務委託することも多くなってきています。実は、内定者研修を専門的に行っている会社があるのです。人材サポートや研修制度事業を展開しているような会社に任せてしまいましょう。もちろん、仕事の一連の流れを教えることになるので、業務委託をするにしても、社内のことに詳しい会社ではないと任せられません。多くは関連事業会社などに任せることになります。いずれにしても、どんな会社なのか、どんな商品を取り扱っているのかといったことを教える必要があるため、研修期間は数日間に渡ります。本来の業務に支障が出ないようにするためにも、業務委託してしまった方が有効的です。