ビジネスマナーを研修に取り入れて会社経営を向上させよう

男女

専門会社に任せる

大勢の人

内定者研修は業務委託で行われることがあります。本来の業務に支障が出ないように、専門的な会社に任せてしまうのです。そのため、信頼できて社内のことをよく理解している会社に協力してもらいましょう。人材育成に役立ちます。

研修と管理

男性

社員に研修を行った場合、誰がどの研修を受けたかなどを管理する必要がある。その管理を行うシステムが、学習管理システムである。学習管理システムを活用することで、社員の講座受講状況を把握できるなど効率化できる。

職場の改善に役立つ調査

男女

従業員満足度調査は、人事・給与・仕事内容などさまざまな角度から企業に対する従業員の満足度を調べ、現状把握や改善策の立案に役立てる調査です。福利厚生や勤務時間といった実際的な内容から、人間関係などの心理的なことがらまで、従業員の職場環境に対する感じ方・考え方を知る格好の機会となります。

専門会社に教えてもらう

女性たち

業務委託が多い

多くの企業では、人事業務などを業務委託することがあります。そうすることで、本来の事業に集中することができるからです。業務委託できるものは、その道に長けている会社に委託してしまった方が効率的です。その一つに、ビジネスマナーの研修が挙げられます。新入社員の研修の一貫として、名刺交換の仕方や電話対応の仕方などを学べる研修です。これもまた業務委託する会社が増えてきているのです。もちろん、会社の事業内容を学習する場合には社内研修の方が適しています。一方、ビジネスマナーはどこの会社にも共通するものがあるので、専門会社に教えてもらうことは可能です。そこで、ビジネスマナーの研修期間を設けて、とある会社に新入社員たちを任せる会社が増えてきています。ビジネスマナーは社会人になったら誰でも学ぶ必要があります。これは基本中の基本です。どんな会社でも最低限のビジネスマナーを身につけることになります。事務職の人でも営業職のように名刺交換をする機会はあるものです。また、営業職の人は外回りだけではなく、時には電話セールスをすることもあります。そのため、どんな担当であっても、基本的な研修は受けておいた方が無難なのです。ビジネスマナー研修を定期的に行っている会社もあります。何も新入社員が入る3月、4月限定のものではありません。中途採用などもあるので、必要に応じて専門会社に研修依頼をしてみましょう。これはどの企業にも必要なことです。